ステッカーは目的に合わせて工夫をして作りましょう

ステッカーとシールの違いを簡単に説明すればシールと違って耐久性、耐候性があることです。
シールは一般的に紙などに貼り、屋内で使うもの、書類の類に使うものですが、ステッカーはこうした場合にも使うものの、屋外で使う、例えば車やバイクなどに貼ったり、プラスチックなどの商品や製品に貼るのが一般的です。
会社の用途としては社用車のボディやガラスに会社名や連絡先、PR内容などを張り付けるということでの利用が良くあります。
ステッカーにも様々なな種類があり、台紙にも多くの種類があります。
一般的に屋外で使うものですのでラミネート加工をしたステッカーが多く、透明に印刷されたものの上にさらに透明で覆いがされているというのが一般的です。
目立ったものをということであれば、ホログラムの台紙を使ったり、バックを白にしてフルカラーの印刷にしたりということも可能で、場合によっては厚みのある立体的なものもあり、印刷する内容や用途に合わせて工夫をすることで、より効果的なものとすることができるのです。