ステッカーは自社の広告のツールとして大切です

会社でステッカーを使う場で一般的なのは、会社の車などの所有物に貼るステッカーというのが一般的です。
そうしたものを通じて、会社のロゴなどを知るというのが消費者などとの関係ですので、できるだけおしゃれに、目を引き、覚えやすくて良い印象をもってもらえるものとしたいものです。
コーポレートアイデンティティやブランディングと言いますが、会社の製品ではなくとも会社として活動しているときに使う様々なグッズに所有者としての意味だけでなく自社ブランドの宣伝の場と考えればステッカーの工夫は一石二鳥の取り組みとなります。
会社のマークなどもこの際、一緒に考えてしまうことも重要ですし、文字もどのような書体で表すのかということも工夫をしてみるとよいのです。
イベントなどに合わせて、少しカラフルなものや、遊び心を取り入れたデザインなどにしてみるのも効果的です。
ステッカーといったちょっとしたものですが、多くの人の目に触れるため会社のイメージ作りには最適なツールと言えます。
最近はホログラムの台紙であったり蛍光色を使ったものなど目立つものも作成できるので、自社の広告のツールの一つとして取り入れることはコストも高くなく、効果的なイメージ戦略です。